AEAJ認定教室になりました!

昨年、AEAJ(日本アロマ環境協会)アロマテラピーインストラクターの資格を取りまして、AEAJ認定教室の登録もしまして、ナチュラマジカ・アロマテラピースクールは、リニューアル開校いたします。

魔女のツールとして、クリスタルやタロットカードとともに、アロマ(精油)があり、精油をブレンドしてオイルを作り、それをマジカルに使うのがマジカルアロマで、私は世界的権威のSageGoddessに10年師事する唯一の日本人生徒でございます。

フロリダの私のクリスタルヒーリングの師匠から勧められてドテラの精油と出会い、そのエネルギーの高さに大変感動し、以来ドテラの精油を愛用していますが、ドテラが薦める精油の使い方ではなく、AEAJの学びに基づいた使い方をしています。なので、ドテラ社が紹介する使い方とは違うかもしれませんが、私はAEAJが教える使い方の方がいいと思っているので、ドテラの精油を使いますが、AEAJの学びに沿って使っていきます。

また、ドテラは、ネットワークビジネスですが、ナチュラマジカ・アロマテラピースクールでは、ネットワークビジネスに関するサポートはいたしません。当校もネットワークビジネスの活動はせず、単純に仕入れおよび紹介(紹介しないと割引価格で買うことができないので)のみをしております。

精油を使ってビジネスをしたいのなら、AEAJの検定を受けたり、資格を取得して、正しい知識を身に着けてから、取り組まれるのがいいかと思います。

また、ドテラにはない精油は品質の良い他社の精油も用いています。

アロマ検定レベルの知識は以前からありましたが、改めて検定を受験して、その後アロマテラピーインストラクター資格取得のために必須講義を受けたり、合格に向けて学んだことにより、日本のアロマテラピーのレベルの高さを新認識いたしました。

日本は世界で一番アロマの資格(アロマの検定保持者)が、飛び抜けて多く、アロマ検定を通して、精油の使い方をしっかりと理解している人が多い国です。これに貢献しているのは日本のアロマテラピー教育だとつくづく感じました。アロマに関する研究報告、実験報告、実践データなどを豊富に持ち、アメリカのアロマテラピー界より、かなり秀でていると思います。

私の専門はスピリチュアル・ヒーリングとマジカルワーク(魔女学)で、すべてをネットを通じて海外で英語で学んできました。しかし、アロマテラピーに関しては英語圏で学べることは少ないなと思います。イギリスのアロマテラピー教育は高水準ですが、この知識はすでに日本に十分に入ってきているので、日本語でイギリスの高い水準のアロマテラピー学はしっかりと学ぶことができると思います。気になるのはフランスです。フランスには、もっとたくさんの高水準なアロマテラピー学を学べるような気がしますが、フランス語はできませんから、残念です。フランスのアロマテラピーについても、日本には古くから入ってきていて、ナード・アロマテラピー協会にて学べるかと思います。

日本では、メディカルレベルでアロマを使うために、日本アロマセラピー学会があり、医者や看護師など医療の国家資格を持つもの以外は正会員にはなれないという高いレベルのもと有用な情報と知識をシェアしてくれています。

精油を使うときは正しい知識は不可欠で、間違った使い方をするとネガティブな結果を招くことがあります。特に、いちばん大事なことは量です。量を間違って多く使うとネガティブな結果を招くでしょう。精油は1滴でいいんです。まずはこう覚えておいて下さい。1滴でも多すぎる場合もあります。それくらい少量でいいのです。

精油の正しい使い方をちゃんと知っていると、生活の中で様々な有効利用ができます。スピリチュアル・ヒーリングにおいても、一番優秀なヒーリングツールです。精油の特徴やいろいろな使い方を知って、ご家庭でご家族とともに楽しんでいただけるようなコンテンツをブログ投稿していこうと思います。