toggle
2019-12-20

10年前より若いと言われるようになるためには

最近、「10年前より若くなってる」とよく言われます。

顔の肌もきれしだし、髪もツヤツヤだと。なんで?って聞かれます。

理由は、ドテラの製品を使い続けて3年以上経つからだと思います。

ドテラの製品には、なんでも精油が入ってます。

私の肌につくものは全部ドテラです。

ツヤ髪をつくるには

シャンプーとコンディショナーは、飽きてきちゃうから、あと2種類違う香りのものを作って欲しいんだけど、絶対に他社の製品は使いません。

ヘアカラーは、髪が痛むのが嫌なのでAvedaを使ってる美容院で45日ごとくらいでリタッチしてます。Avedaのおかげでもありますが、たぶん、ドテラのシャンプーとコンディショナーのおかげだと思います。

使い始めは、感触がイマイチなんです。ドテラのシャンプーは皮脂を余分に削ぎ落とすことはないですが、髪が本来のそのままの状態にするので、きしんでゴワゴワな感じ。でも、これがあなたの髪の本当の姿なんです。

真っ裸にされた髪に、コンディショナーで栄養補給をすると、やわらかいふわふわな感触になります。私はロングヘアーなので、先に髪先から上に向ってコンディショナーを染み込ませる感じでモミモミつけてから、もう一度コンディショナーを手に取って頭全体につけます。頭皮もマッサージします。精油が入ってるから、頭皮マッサージにもいいのです。

で、洗い流して完成。最近は塗れてる髪にヘアーセラムを2プッシュで、髪先から全体につけてからドライヤーで乾かします。

ツヤ髪にはドライヤーが大事です。自然乾燥ではツヤは出ません。

ドライアーでキューティクルが整うらしいです。

きれいなストレートにするには、くるくるドライヤーでまっすぐに乾かすとバッチリ!

痛みません。

これで、「髪の毛 ツヤツヤでキレイだよね〜」って言われます。

ツヤ肌を作るには

顔の基礎化粧品はすべてドテラで、ドテラ以外のものはつけません。私の肌から吸収されるすべてのものはドテラにしています。

ドテラには2種類の基礎化粧ラインがあります。ベラージとエッセンシャル。どちらもいいです!

  1. 化粧は、20mlのドテラのココナッツオイルにラベンダーを4滴入れた、100均のプラスチックのプッシュボトルをクレンジングオイルとして使ってます。4プッシュくらい手にとって肌になじませて化粧を浮かせます。お湯で洗い流します。完全には洗い流れず、浮いた化粧が流れて、オイルが顔に残ってるくらいでOKです。
  2. 次にベラージのクレンジングで洗顔します。
  3. ベラージの化粧水を手に3プッシュくらいして、顔全体になじませ、スプレーボトル100mlにフランキンセンス3滴、ゼラニウム3滴を入れた手作り化粧水を振ってから顔全体と首にスプレーします。そのままの状態で・・・
  4. 冬は、ハイドレイティングクリームをたっぷりめに顔全体と首まで伸ばします。化粧水で塗れている肌だとよく伸びるのでこの方法が私は好きですが、ちょっと乾燥するので、乾燥肌で困ってる場合は、化粧水をスプレーしたらパタパタして化粧水を浸透させ、乾いてからクリームを塗るほうがいいです。
  5. 最後にエッセンスのモイスチャライザー2プッシュで蓋をするように顔に広げます。
  6. 唇は、ドテラのリップをたっぷり塗ります。

これで、顔には重厚なガードが作られ、私の肌は完全にシールドして守られてますので、この上に、ケミカルなメイクアップたちを乗せるわけです。ドテラのリップを塗ってから口紅を塗ると、全然荒れません。

ボディーは、ドテラのボディウォッシュで洗うと精油入りなので、洗っただけで体全体の肌も守られます。冬はボディスクラブがオススメ。シュガースクラブなので、スーパー超しっとりします。このしっとり感は、私は人生初体験でした。マッサージするんじゃなくて、体にスクラブを塗りたくる感じ。スクラブと言えば塩だったし、スクラブと言えばマッサージだったのは遠い昔のことで、今は、肌が乾燥するので欧米ではシュガー(砂糖)スクラブが当たり前です!

これを、あれがいいからと他社に変えずに、ずっと続けているとツヤ髪とツヤ肌が手に入るのです。

オイルは乾燥します

私は、冬はベラージのセラムとか、サルベルとか、オイルは顔には付けません。オイルは保湿はしないように思います。どちらかというと乾燥傾向かなと。しかもココナッツオイルはなおさら。。。ココナッツは、南国でしか育ちませんから、基本、冬はまったく不向き。夏の紫外線対策や汗と交わったりするのは、得意です。上手に汗だけ乾燥させて、肌の完全な乾燥は防ぎ、紫外線も防ぐかなと思います。

急に乾燥して肌トラブルが起こったときは

夏は湿度が高いので、基本、肌は乾燥しないのですが、冬は湿度がすごく下がるので、季節の変わり目で湿度が急に下がったときに肌トラブルが起こります。肌が急に乾燥しちゃってバランスを失う感じ。なんか塗ると痒くなって、なに塗っても痒くなったり。ふだん痒くないのに、急に痒くなるのは、ほとんどが乾燥のせいです。

私は、なに塗っても痒くなっちゃうときは、顔に何も残ってないように洗顔して、そのままにします。洗顔後は顔がつっぱっちゃって不快なんですけど、そのままあえて何一つ付けずに放っておきます。まる1日あるいは数日くらい。この間、洗顔は水かぬるま湯で1日1回程度で。そうすると自分の皮脂が出てきて、肌をもとどおりにしてくれるんです。

人間には自然治癒力がありますので。

顔の場合は、これが一番です。

体の場合は、年をとってるほど、そのままでも回復はしないです、残念ながら。

夏はシャワーから出たら、体が塗れたままオイルを塗るのがオススメですが、冬でしかも加齢な人はNGです。かえって乾燥します。ドテラのハンド&ボディローションに、保湿効果のある精油を1滴たらして体全体に塗るのがオススメ。フランキンセンスとゼラニウムのミックスは、クレオパトラが愛してやまなかったという美肌のためのブレンドです。ラベンダーを加えてもOK。ここで大事な、超大事な注意点。精油は1回で6滴までしか体に注入してはいけないのです。ボディローションを使うときが要注意で、手にボディローションを出してそこに直接精油を垂らして指で混ぜてつけるのが一番簡単なのですが、例えば、上記のように3種の精油を使うと3滴出ちゃいますよね。そうすると2回手にとったボディローションで体全体に塗布しなければならなくて、それって物理的に無理です。なので、器でもいいし、ガラス瓶でもいいので、ボディーローションをいっぱい入れて、そこに精油たちを入れてブレンドローションをあらかじめ作っておきます。

1回使い切りだと、30mlで6滴です。ボディローションが30mlでは少ない場合は、精油は増やさずボディーローションだけ増やせばOKです。

というわけで、正しい使い方を知って、正しく使っていると、素晴らしい結果をたくさん体験できます!

関連記事